MENU

売りに出す前の修理

傷や凹みなどがある場合

売却を考えている目立った傷やへこみなどがある場合、いったん修理に出してから査定をしてもらったほうがいいのか、それともそのままの状態で査定に出したほうがどちらがユーザーにとって得なのかちょっと迷うところだと思います。
実際のところ、プリウスの傷やへこみなどの状態によって違ってくるのでこのような場で答えを出すことはできません。
やはりこういった場合は、直接修理工場へ車を持って行って見積もりを出してもらうと同時に、その車を買取業者の店頭に持ち込んでそのまま査定をしてもらい、それぞれの見積もりを比較しながらどちらがいいのかを比べてみることが最も正確な方法だと言えるでしょう。

 

キズやへこみなど具合にもよりますが、査定にとってはかなりのマイナスポイントになってしまうこともあります。
状況によっては売却することを取りやめてそのままあるいは修理して乗り続けた方がずっと良い場合もあります。

 

相談してみる

近くに知り合いの中古車業者などがあれば、そこに相談してみるのも一つの方法です。
これらの方々は私たち一般ユーザーでは知りえない知識や知恵を情報を持っています。
例えば修理部品なども廃車の部品で代用することが可能だとかそんなこともできてしまうのです。
こういった情報はインターネットでは知ることができませんもで、まずは悩む前に相談したり自分自身で行動してみましょう。

 

関連ページ

下取りと買取のどっちが便利
車を手放す方法としては、下取と買取の二つが主な方法になると思います。ではこれら二つの方法では、手放す側としてはどちらがトクなのでしょうか。
査定を受けるうえでのマナー
車の売却をすることになり、実際に査定を受ける上でのマナーも大切になるものです。ガチガチに緊張する必要はもちろんありませんが、必要最低限のマナーをわきまえていれば結果的に査定アップにもつながることでしょう。
4WD車の賢い売り方
四輪駆動車は時代を選ばず人気を博している車です。高年式のオフロード四駆はまだまだ高値で売り買いされているようです。マイカーが4WDならちょっとしたことに気をつけることで、さらに買取金額がアップすることも。